02 家具博物館・雲峴宮(ウニョングン)・曹渓寺(チョゲサ)ツアー

から USD 40

+1 追加オプション

14:00-18:00 /

最低 二人 /

朝鮮王朝について学び、雲峴宮(ウニョングン)と家具博物館の中にある彼らのアンティックな家具に感銘を受けましょう。その後、曹渓寺(チョゲサ)や仁寺洞(インサドン)ショッピングストリットに行きます。

含め

- ホテルピックアップ
- シャトルサービス
- 日本語のできるガイドさん
- 入場料

除外

- サービス代
- 食事や飲み物
- 個人費用
- 追加活動費

ご注意

- 家具博物館は土曜日が休みの日です。

 

*フォトクレジット: (c) 韓国観光庁

から USD 40

+1 追加オプション

今予約する!

家具博物館 - 雲峴宮 (ウンヒョングン)宮殿 - 曹渓寺 - 仁寺洞通り

午後、ホテルからピックアップしてキムシャトルバスに乗って目的地まで行きます。ツアーは、家具博物館から始まります。最長判決儒教王朝であり、韓国を支配する最後の王朝の「朝鮮時代」のアンティーク家具を見に行きます。家具博物館が、建設してから14年後に非公式に2008年にオープンしました。元延世大学の教授、「チョン・ミ・淑」が考案したものでした。元教授は、個人的に50年以上のスパンで朝鮮王朝の家具の2,000枚を博物館に蓄積しました。美しく手入れられた風景が見える、約6600平方メートルで一緒にフィッティングされている10個の絶妙な韓屋の構造の中で、韓国家具博物館は、おそらくソウルで最大の最高の秘密です。参考に、中国の社長習近平がこの前韓国を訪問したとき、妻の鵬梨園と一緒に訪問したところであります。

次に、朝鮮時代後半の若い高宗皇帝の家だった雲峴宮 ( ウンヒョングン)ロイヤルレジデンスに移ります。彼の父、(興宣大院君として知られている)李昰應(イ・ハウン)は、彼の人生のほとんどのために生き続けたところでした。その期間中に、4つのゲートで壮大で宮殿のような家に皇太后ジョーの命令の下、改装続きました。


その後、私たちは山の奥深くに位置していて、他の寺院の荘厳で伝統的な空気を放つしない街の真ん中に位置している「曹渓寺」を訪問します。それは山と海の旬の景色を提供していませんが、初めて見上げられるのが、約500歳の美しいバッタの木です。

私たちの最後のストップは、市内の中心部に位置する人気の場所である「仁寺洞ショッピング地区」になります。そこであなたは、古いが、貴重な、伝統的な商品がディスプレイされているのを見つけられます。この通りの路地の中のギャラリー、伝統的なレストラン、ティーハウスやカフェがあります。
 

リマーク

- 家具博物館は日曜日に閉じられています

 

  • 他のところでは想像できないこのツアーで、韓国家具博物館のような撮影場所を尋ねます。
  • 中国の国家主席 習近平(しゅう きんぺい)と奥様の彭麗媛(ほう れいえん)が2014年に韓国に訪問したときに尋ねた場所の韓国家具博物館に行きます。
  • 有能なガイドさんに連れられて雲峴宮(うんけんきゅう)を観光します。
  • 曹渓寺(チョゲサ)
  • 仁寺洞(インサドン)通りや南大門市場に行き、手作り工芸品やローカルアートワークを購入します。

ルート

  1. Jogyesa Temple
  2. Insa-dong
  3. Myeongdong